超劇的だったNCAA決勝最後の5秒間、全米が大盛り上がり


久しぶりに観戦しながら思わず大声を出してしまいました。それくらい熱狂的な一戦でした。まさにMarch Madness(4月だけど)。

後半失速し追い上げる形をとられていたノースカロライナ大学(UNC)は終盤徐々に点差を詰め、残り13秒で74-71と3点を追いかける状況を作り出します。そこで今大会絶好調だったUNCのマーカス・ペイジが残り4.7秒でバランスを崩しながらも超難易度高同点スリーをねじ込みます!

コートサイドで観戦している記者も「信じられない!」というこの表情。

しかし最後に待っていたのはこの劇的な決勝ブザービーター。決めたのはヴィラノヴァ大学のクリス・ジェンキンズ!

別角度:

驚くことにヴィラノヴァ大のコーチは「入って当然だ」とばかりに平然としています(笑)。

観戦しに来ていたUNC出身のマイケル・ジョーダンも敵ながらも「グッドショット」と相手を称えております。

最後はおまけでチャールズ・バークリーのこちらの反応。

バークリーは試合前にUNC優勝と予想していたのですが最後はなぜかヴィラノヴァ大の優勝に大盛り上がり。予想なんかよりも純粋に素晴らしいバスケの試合を観れたことの喜びから来たリアクションだったのかもしれません。ちなみに後ろにいるのはUNC出身のケニー・スミス。さすがにうなだれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。